オレンヂジュースのスキマ *復刻盤*

栃木県小山市の自転車屋オレンヂジュースのブログです。

http://orange.fem.jp
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
宇都宮くるーず- Bant の場合
 
今回のブログ も 
R-16指定 です
16歳未満の方には不適切と思われる画像が含まれますので、
このサイトをお子様と閲覧されている保護者の方はご注意くださいませ。


前回はコチラ  宇都宮くるーず- Bant の場合
前回はコチラ  宇都宮くるーず- Bant の場合

さて、前回⊂呂糧娠は賛否両論。
ちまたでは自転車屋オレンヂジュースは、爽やかテイスティなイメージなようですが。

とんでもございません。
飲料で例えるなら「果汁5%、ガンガン合成着色料入ってます」といったところ。
ちなみに、みんな大好きオランジーナは果汁12%です。





さて、前回の続きです。




強烈なインパクトのご神体を目の当たりにした我々

単純に卑猥なものというよりも信仰の心に感動を覚えました。
仏教でもない日本原始信仰。古来より未だに引き継がれる日本の道祖神さま。




ご神体に一礼





きちんと参拝される方もいらっしゃるようで綺麗に祀られています。
ごくごく普通に、純粋な信仰心の表れです。




サイクリングは続きます。

・・・が、すでに走り始めた時の冷やかしに近い気持ちは薄れ、
純粋無垢な清清しい思いで、胸がいっぱいになりました。





第二次大戦後、敵味方関係なく戦傷死された方々を弔う為に
像立された平和観音です。

なんとも穏やかでいいお顔と佇まいです。




ここらで約100Km走行したBROOKSのサドルを確認。
程よく柔らかく、いい具合になりました。





近くにある大谷観音も参拝。




大谷石に囲まれた境内はスゴイ迫力です。
写真はNGでしたが、洞穴の表面に掘られた石仏は圧巻でした。

宝物殿もあるのですが、そこには縄文時代の人骨が展示。

一万一千年も前からこの場所は息づいているのだと知ると、
地元が誇らしげに感じられもしました。




こちら大谷石の石切り場。
山の中に巨大な洞穴・・・というか、空間があります。




薄暗くて撮れきれなかったのですが、神秘的な場所です。
音楽演奏のステージとして利用されるほど不思議な空間。




観音様と不思議空間を堪能して、あくまでも爽やかなツーリングは続きます。
素晴らしい景色。。。





ふいに教授が脇道に入ります。

・・・ここは保育園の横。手書きのポケモンが可愛い。
子供さん達のお迎えに来られている若奥様が大勢いらっしゃいますが。
お迎えの車で駐車場がいっぱいです。




ええー!4体目まさかのシチュエーションのご神体。・・・ほ、保育園の横ですよ。

お迎えの若奥様達がたむろしている奥に。子供たちを見守るような佇まい。
「教授、このご神体は。。。」
「ああ、過去に折れちゃったんでしょうねー」

なんか手術後みたいです。それでもオーラがほとばしっています。





宇都宮市内へ走ります。
あの保育園は大昔からあったとするならば、夫婦和合・子孫繁栄の神なんですね。

教授 「次が本日最後のご神体になりますのでー」




車、人通りの多い市内中心部にほど近い場所。

教授「ほら、あちらです」
え?




街中のこのような場所に?まさか。





本日最後のご神体です。アップにできないほどリアルです。
綺麗に掃除されていて人里離れた他のご神体以上に愛されているよう。

こちらの道祖神は交差点で交通安全・厄払いにお忙しそうです。






駅前まで帰ってきましたー
おなじみ宮cycleステーション隣の駐輪場へ。





少々かさばるハンドルでも手軽にハンドルステムの向きを変えられます。
周りの方々に迷惑をかけない機能ですねー素晴らしい!




餃子で〆!
教授ありがとうございました!ちなみに本当に某学校の先生です。

当店で自転車に出会い、サイクリングを心から楽しんでいらっしゃいます。
これからも宜しくお願い致します!




さて小山まで帰りましょー。もちろん輪行ですw

・・・宇都宮駅前でたむろする娘さん達。
昔からの、もはや名物です。
ぜひ自転車乗って道祖神めぐりをおすすめします。

長々とありがとうございました。
今回のツーリングは以上です。乙です。

ではではでは


宇都宮くるーず- Bant の場合

今回のブログは 
R-16指定 です
16歳未満の方には不適切と思われる画像が含まれますので、
このサイトをお子様と閲覧されている保護者の方はご注意くださいませ。


前回はコチラ  宇都宮くるーず- Bant の場合





宇都宮到着です。







待ち合わせていた教授と他メンバーとも合流ー
少人数でサイクリングは約一年ぶりかな。楽しみ楽しみ。





駅近にある宇都宮城跡に寄りました。

車で通りすぎることはあっても、園内に入ったのは初めて。
よく整備されていてとてもきれいな公園ですね。




教授が同行してるのに快晴。
晴れ男にジョブチェンジですね

園内には宇都宮の歴史が知れるブースもあって
本日のサイクリングがより濃いものになりましたー




数キロ走って、宇都宮環状線のはずれの神社に到着。

B-ant、イイ自転車です。
天気も走りも気持ちいい!



こじんまりしていても趣のある神社ですねー

・・・すると社の奥から「皆さん、コッチ。コッチです。」




「どうですかー立派な道祖神でしょー?」
・・・と、道祖神の生い立ちや沿革、歴史などを数分間、懇々と語り始める・・・

彼が教授と呼ばれる所以なのです。

初の道祖神に少々引きつつも、教授の丁寧で分かりやすい説明。
今回イベントの神髄。

これがツーリングサークル/オレンヂジューサーの
恒例ポタリング裏イベント。初公開。

  【 チ ● ポ タ 】  なのです。






気を取り直して(?)那須ではおなじみのペニーレインさんにて昼食。
オレンジパイが絶品でしたー

ちなみに隣の建物は産婦人科です。
いや、意味はないのですが。




そのまま鹿沼方面へ
途中見かけた素敵な旧家を訪ねました。




赤い靴、シャボン玉、十五夜お月さん、あの町この町など、
日本人なら誰でも知っている童謡、歌人の野口雨情さんが
晩年過ごした旧家が保存されています。


寄り道しながらもサクサク先に進みます。
またまた数キロ走り、山間のあぜ道をあがってゆくと。。。


二体目のご神体。




何とも巨大な道祖神。
そして威風堂々とそそり立つ先には高校。

これはすごい。
・・・もうフィルターはずしてもいいですよね。




「なんと神々しい御姿なのだろうか・・・」





「このご神体の竿部は角が付いてるんですよー
おっきくなーれ、おっきくなーれー」

教授ってすごいです。




この辺りは大谷石で有名。
非常に歴史のある穏やかな地域です。

ロード乗りの方々はご存知、
ジャパンカップロードレースが行われる森林公園があります。




またまたとある神社に到着。

街道沿いからはかなり離れている場所ですが
手入れは行き届いているようです。
神秘的。





教授 「本日の3体目は、こちらでございます!」

一同「ふおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」






どーん

そこにはこれまでのモノとはあきらかに違う、
ごく最近創られたと思われる輝かしいご神体が鎮座[ちんざ]していたのであった!

「がががーん!」


次回最終章っす。よろしくお付き合いください。
いやいや、誰も見てないから大丈夫です。よくわからないですが。

ではではでは

宇都宮くるーず- Bant の場合
 

オレンヂジュースのサークル[オレンヂジューサー]の会合にて
「そういえば宇都宮ってちゃんと走ったことないやー」と話していたところ

サークル内で【教授】と呼ばれるI氏が「では例のヤツ、行きましょう!」
例のヤツ・・か。

というわけで今回は小山→宇都宮の自転車輪行してみましたーです


今回はBRUNOブルーノの上位モデル 
 B-ANTビーアント 406S ¥88.200

以前メーカーさんの展示会で試乗させていただいたところ
軽く走るなーという好印象のオススメモデルです。



軽量アルミフレームにゆったりと乗れるプロムナードハンドル
街乗りや中距離ツーリングに最適です。

本来は1.75の太目なタイヤですが、
今回はブルーノ純正タイヤ1.50に交換しました。

フレームBAGは標準装備。
今回簡易ツールやチューブなどを入れてます。




実はこのフレーム、リアサスペンションが装備されてます。
41歳男子に優しい設計。

当店試乗車ですが、なんとなく私物の105クランクと旧XTのディレイラーを。
サドルは先週活躍したBROOKSB17サドルを更に使い込んでみます。




今回の発起人I氏は生粋の雨男なのでハンドルには
前回ちょっとだけ使用したBROOKのレインポンチョを装着。




小山駅前で輪行準備です。

BROMPTONのように数秒で畳んで即輪行もいいのですが、
バラしてゆくのも自転車輪行の醍醐味。わくわくです。




ハンドルポストには二本のクイックレバーが装備されてます。




 「プイっ」 と工具なしでハンドル向きを変えられるのです。

実際には玄関先やお部屋の中、駐輪する時にハンドルが邪魔にならない
機能なのですが、輪行の際にも意外とよいかもです。




後輪もはずしてホイールバッグに入れます。
サドルは抜かなくてよかったですわ。




輪行BAGは車両半分を先にかぶせてあげると
ファスナー〆るのが楽。




今回使用している輪行BAGは grunge-グランジ- キャリー ¥5.229
フレームサイズの小さい自転車用、生地が必要以上にバタつかないので
小径ミニベロにおすすめ。
自転車のマークがプリントされているので「何アレ?」と不信に思われない
ところもよいです。

ダラダラと写真撮りながらでも、10分ほどで入りました。




そして電車内へ。
輪行の際は、くれぐれも周りの乗客の皆さんに迷惑にならぬよう
自転車を置く場所と混みあわない時間帯を考慮しましょう。

宇都宮線はトイレがある車両があるので、
その前に自転車をおきました。

今回同行のU氏のブロンプトンと比べてみても
小径ミニベロとはいえ、かさばりますね。

いよいよ宇都宮市内のパワースポット(仮?)巡りに出発です。



えーっと 次回は
R-16指定 です
16歳未満の方には不適切な画像が含まれますので、
このサイトをお子様と閲覧されている保護者の方はご注意くださいませ。

みうらじゅんさんが好きな方は ぜひぜひ!


ではではでは


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.