オレンヂジュースのスキマ *復刻盤*

栃木県小山市の自転車屋オレンヂジュースのブログです。

http://orange.fem.jp
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Barbour × BROMPTON

 

 

 

ブロンプトン×バブアー(バーヴァー) コラボモデル発売記念!

 

【 自分のバブアー オイルドジャケットをリプルーフしてみた 】 

 

 

 

 

 

待ちに待った、BROMPTON Barbourコラボモデルの発売です!(ウエアは9月中旬頃に入荷予定)

 

BROMPTON輸入代理店ミズタニ自転車さん

http://www.mizutanibike.co.jp/brand/brompton/barbour.html

 

英国Barbour

http://www.barbour.com/barbour-x-brompton

 

価格・サイズなど、くわしくは上記リンクで!

 

 

先行発表として各お店さんでご案内されていますが、

オレンヂジュースでは先にアパレルからお話しするアプローチでゆきますw

 

このコラボモデルをご検討されている方は、ぜひバブアーのオーナーにもなっていただきたいと思います。

ちょっとクセのある服なのですが、スタンダードで格好いいアウターのひとつです。

 

今回のコラボレーションは 末永く愛着の湧く2アイテムの融合 といったところでしょうか。

モノは違えど2社ともコンセプトが非常に似通っていますので、なるべくしてなった合作と言えると思います。

 

 

 

私も以前から愛用しているビデイルというモデル。

年末のブロンプトンDAYZ、モールトンDAYZでも着用していました。

 

すでに4年ほどそのまま着続けましたので、いいかげんメンテしなければなと思っていたところに

コラボモデル発売の報。

 

この素敵なキッカケで、私のジャケットにオイルを塗ってみたいと思います。

今後是非ご参考いただければ幸いです。

 

*今回のコラボジャケットはオイルド以外にも気軽に扱えるウエアもラインナップされています。

 

 

さて、メンテナンスの季節は暑い夏場が最適との事で、これは今しかないかなと。

 

実は当日早朝に、某国のミサイルが横切った日でした。

頭上に陸自のヘリコプターが隊列を組み、お仕事頑張っておられました。

 

自衛隊の皆さん、日々おつかれさまです。ありがとうございます。

皆さんのおかげで私は平和な貴重な休日を無事に過ごせています。

 

ジャケットのメンテをさせていただきます。なんと平和な。。。

 

 

とりあえず現状確認。

 

 

 

ひどいもんです。

オイルが抜け落ちて表面がカサカサなので、普段でもよく雨が染み込んでいましたし。

ムラもひどい・・・。よく擦れるところも妙にテカテカになってます。

これはこれでかっこいいのだけれども・・・生地が傷んで穴も開きはじめていました。

 

オイルドジャケットは洗濯はできない(メーカー推奨、専門のクリーニング屋さんもあります)ので、

裏返してしっかり陰干しの後に、表生地を30分ほど天日干ししました。

生地も暖かいとオイルの浸透がスムーズになるようです。

 

 

純正オイル(¥2500ほど)と新品のブラシを用意しました。

固形の状態から湯煎して、完全に透明な液状にしてから塗りこんでゆくそうです。

 

英国の職人さんはホットプレートのようなもので行っていましたが、今回せっかくなので8Rで温めましょうか。

合わせてトランギアのクッカーを使用。

 

もちろんバーナーが素敵にやかましいのですが、テンションあがります。ふふふ。

・・・スーパードライが若干見切れてますがお気になさらず。

 

 

手すきの際や湯煎している間に、ブラシで汚れ・ホコリ・猫の毛wなどを取り除きました。

しつこいぐらいにブラッシングしてもいいかもしれません。これだけでも綺麗になるんですね。

 

いざ塗り込みます。

 

 

缶からスポンジにオイルを染み込ませて擦りこんでゆきました。

面白いように、するすると生地に入り込んでゆきますので手早くやらないとゴテゴテになります。

裏生地に染みないように、表面からちょっと浮かせて摺るようにするといいようですよ。

 

 

しばらく塗っているうちに、あまり浸透してくれなくなりました。

ビール飲んだり、頻繁に頭上を過ぎるヘリコプターに手を振ったりと、のんびりし過ぎ。

 

缶をバーナーから降ろしていたのですが、少しでも冷えるとうまく染み込まない様です。

白く濁って固くなってきたので、再び湯煎しました。ゴーっ

 

真夏の気温でもオイルは固くなり、生地にとどまってくれるということかな。

なるほど。

普段普通に着用していても不用意にオイルが落ちない理由なんでしょうか。

 

 

縫い目や肩、背中など、雨が沁みないように部分的に多めに擦りこんでみたりもしました。

楽しい楽しい。

 

 

できました!

まったり2時間ほどかかりましたが、満足な仕上がり。本当に楽しかったです。

冬が待ち遠しい。。。

 

塗り立ては最低一晩乾かして、ドライヤーを軽くかけるとより落ち着くようです。

私は未だに室内陰干しをしてます。

 

私も初めてだったので、ネットなどで参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

 

 

ちなみに注意点(注意書きタブにも表示されています)

 

【着たまま 電車や車に乗らない】

お店など椅子・ソファーに腰かける時もです。

シートや椅子・ソファーなどにオイルが沁みてしまいます。満員電車でも×。

その際は裏返しにして畳みましょう。最低限のマナーです。

 

【クローゼットなどに掛ける時も注意です】

そのままラックにかけると、他の衣類にオイルやにおいが沁みつきます。

私は室内に単独でラックにひっかけてます。

 

またカビなどの原因になるので、ビニールに包んで保管も基本出来ません。

プラの衣装ケースに専用スペース設けてます。

 

詳細はお店でもお話しできますので、実車・現物と合わせてお話しできればと思います。

 

 

定期的なメンテナンスや着る際の注意が必要ですが、それはBROMPTONも同じです。

自転車と同様にこだわって楽しめるBarbourも、ぜひ!

 

ではでは。

「あ、ちゃんと自転車の案内もしますので」

やまだ

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.